F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

ロードの遅いコンテンツがGoogle Analyticsの邪魔をする

Google Analyticsの解析用コードは</body>タグの直前に置くように指定されている。

これによりGoogle Analyticsのコードは、ページ内のすべてのコンテンツの読み込みが完了してから実行されることになるのだが、もしページ内にロードの遅いコンテンツがあると、Google Analyticsのコードが実行されないまま訪問者が他のサイトに移動することになる。そのため、ページビューの値などを正しくカウントできなくなる。

忍者TOOLSでのレポートと比較すると、その差がわかりやすい。

ブログにはブログパーツを設置することが多いが、それらのブログパーツのレスポンスはすべて速いというわけではない。最近ロードが遅いと感じたのは、rssad.jpとfeedmeter.netだ。まぁたまに忍者TOOLSも遅い。このようなロードの遅いコンテンツと一緒にGoogle Analyticsを使う場合、解析対象となるサンプル数が少なくなってしまうわけ。

もしページビューを正確に知りたいなら、ソースの先頭あたりに解析用コードを設置できるアクセス解析を選ぶほうがよい。

ちなみに、このブログで表示しているアフィリエイトリンクもロードが遅かったので、今はwindow.onloadを使ってページのロードが完了してからリンクを表示させるようにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など