F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

JSONPで負荷分散

JSONPのメリットは手軽に負荷分散ができるところ。

Ajaxのドメイン越えにはプロキシ的な役割をする別プログラムを利用するが、そのプログラムは同じドメインに置く必要がある。そのため、複数のサーバに負荷を分散させるためにはサーバ側の調整が必要になる。

一方、JSONPであればプロキシ的な役割をするプログラムを別ドメインに置くことができる。これならレンタルサーバを利用している人でも複数のレンタルサーバをかりれば済む話。別ドメインで構わない。JavaScript側はインクルードするスクリプトを乱数によって変更させればいい。

99%をJavaScriptで構築して残り1%のデータ取得部分をサーバサイドに頼ろうとすると、サーバに負荷がかかるのはその1%の部分になるわけで、XMLHttpRequestよりもJSONPのほうが負荷分散が簡単かもという話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など