ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > Javascript > うっかり忘れてしまうJavaScriptのsetTimeout実行タイミング
Javascript
2007年05月15日 22:54

うっかり忘れてしまうJavaScriptのsetTimeout実行タイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

基本だけどしばしば忘れてしまうので忘れないようにメモ。

JavaScriptのwindow.setTimeoutは、それが呼び出された瞬間から指定ミリ秒だけWaitして実行される。つまり、

for (var i = 0; i < 5; i++) {
    window.setTimeout(function(){myfunc()}, 500);
}

このようなコードを実行すると、5回実行される myfunc() は(ほぼ)同時に実行されてしまう。なので、5回のmyfunc()を500ミリ秒ごとに遅延実行させたいときは、

for (var i = 0; i < 5; i++) {
    window.setTimeout(function(){myfunc()}, 500 * (i + 1));
}

のように、1回目は500ミリ秒後、2回目は1000ミリ秒後、・・・とセットしないといけない。