F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Microsoftが翻訳サービス「Windows Live Translator」をリリース

Microsoftから Windows Live Translator Beta という翻訳サービスがリリースされたそうですよ。(via Microsoft Launches Translation Service – Google Operationg System)

今のところ、日本語は英語と相互翻訳が可能です。

気になるのは、「コンピュータ関連のコンテンツ」というチェックボックスがあるところ。Google Operationg Systemによると、これはMSDN Libraryなどの技術ドキュメントの翻訳に利用される技術を使っているとか。普通の文章でこのオプションを有効にすると文法がかなり乱れます。

Windows Live Translator – LiveSide – News blog によると、Wndows Live Translatorには3つのドメインが用意されているようです。

この手の翻訳サービスが、文章の意味を正確に伝えてくれるようになる日は、一体いつになるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など