F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

MTで特定URLからのトラックバックスパムを弾いてみる

3日で1400件という最近の中では特にひどいトラックバックスパムがあったので、MTのライブラリを直接修正して対処することにした。

そのスパムは送信元のIPアドレスやタイトルはバラバラだが、トラックバック元として指定されているURLがすべて http://www.geocities.com/ で始まるものだったので、 http://www.geocities.com/ からのトラックバックはすべて弾くようにした。

[MTインストールディレクトリ]/lib/MT/App/Trackback.pm の202行目に次のように追加。エラーメッセージはとりあえずコピペだけど、Merry Christmasとかのほうがいいのかな。

199:     return $app->_response(Error=> $app->translate("Need a Source URL (url)."))
200:         unless $url;
201:
202:+    return $app->_response(Error=> $app->translate("Need a Source URL (url)."))
203:+        if $url =~ m!^http://www\.geocities\.com/!;

さっきまで数分間隔でDBに記録されていたトラックバックが増えなくなっているので、おそらく対処成功。

CGIは動いてしまうけど数分間隔のスパムなのでまぁ影響は少ない。相手がエラーに気づいてあきらめてくれることを願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など