F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Sitemapファイルの管理を自動化できるGoogle Webmaster Tools API

Google から Google Webmaster Tools API が公開されています。

» Official Google Webmaster Central Blog: Get Cooking with the Webmaster Tools API

このAPIを利用して何ができるかというと、ウェブマスターツールにて管理しているサイトのリストの取得、サイトの登録、確認、削除、送信済みSitemapファイルの取得、Sitemapファイルの追加、削除などです。

Google Webmaster Tools API は例のごとく Google Data API を元に構築されていますので、データの表現形式はAtomもしくはRSS2.0で、データの作成・編集・削除についてはAtomPubのプロトコルで実現されていますし、認証については ClientLogin もしくは AuthSub API を利用することとされています。

あまり利用機会のない API ですが、Sitemapファイルがどんどん増えていくようなサイトの管理者にとっては、Sitemapファイルの送信を自動化できるので、便利かもしれません。

» Google Webmaster Tools API – Google Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など