F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

もしも「33分探偵」が映画化されたら

第3話では真犯人を見つけてしまうという新展開も見せたドラマ「33分探偵」。初回視聴率は12.2%を記録したそうです。

そこでふと、「もし33分探偵が映画化されたら何分探偵になるのだろうか?」という疑問が頭をよぎりました。映画であれば100分くらいの上映時間になることが考えられるので上映時間にあわせて「103分探偵」とか「133分探偵」とかでしょうか。つまり堂本剛はこう言うわけです。

「この簡単な事件、俺が133分もたせてやる!」

なげーーよwwww

ドラマの場合コマーシャルが入るため休憩ができますが、映画の場合はぶっ続けです。あのくだらなすぎるストーリーをドラマの3倍から4倍も展開されるわけです。観客のほうがもつかどうか。

とりあえずもし人気が出てしまったら、2時間スペシャルドラマあたりで様子を見るでしょう。それでも93分くらいもたせないといけないでしょうけどね。

映画化に期待。

» 33分探偵 – フジテレビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など