ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > 思うこと > 重低音の心配のない一人暮らし向けの安価なQ:を提案したい | NIRO Q: レビュー
思うこと
2008年11月14日 00:45

重低音の心配のない一人暮らし向けの安価なQ:を提案したい | NIRO Q: レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

私が5.1chサラウンドシステムにまったく興味を持っていなかったのは、ハイビジョンサウンド会議の参加レポートにも書いた通り。2週間近くQ:を使ってみた今はどうかというと、以前より多少興味がわいてきたという感じ。

自分はマンションで一人暮らしをしていて防音はそこそこ良いのだが、しばしば上の階の部屋から重低音が響いてくる。この記事を書いている今もね。なのでサブウーファーをガンガン鳴らすのには抵抗がある。

そもそも一人暮らしの男性は、平日の夜か土日にしかスピーカーを鳴らすチャンスはない。つまりDVD鑑賞するにも「夜」が多いということだ。そのため私はQ:を常に「ナイトモード」にすることで重低音が響かないようにしている。

niro-q-night.jpg

ナイトモードでも十分にサラウンドを楽しめるのは確認できた。そう考えると、一人暮らしにサブウーファーは必要ないのではないかという気になる。もちろんサブウーファーがあるのとないのとでは音の聞こえ方や臨場感が変わってくるのだけど、夜にしか使わないのならサブウーファーはそこまで重要ではない。

だとすれば、サブウーファーのない(もしくは安いサブウーファーをつけた)Q:を低価格で提供するのはどうだろうか。やはり現状の88,000円という価格は、自分のような興味を持ったばかりの一人暮らしの人間にはネックになる。他の製品と比べてそんなに高くないとしても。

一人暮らしの男性をターゲットに彼らが購入してくれたら、彼らが結婚した後もすんなり家庭にサラウンドシステムが導入されることになる。

Q:のレビューをしている他の方々の記事や参加者のチャットの内容を見てみると「嫁さんが・・・」という家庭持ちの方の切実なコメントをちらほら見かけるが、結婚前から持っていれば問題ない。

そして、購入後に立派なサブウーファーがほしくなった人のために、サブウーファーを少し安く買い増しできるプログラムにしておいてくれるとなお嬉しい。

そんなわけで「重低音の心配のない一人暮らし向けの安価なQ:」を提案したいのだがどうだろうか。

(追記)

結局Q:を購入するかどうかの結論を書くタイミングを逃したのでここに追記。

ハイビジョンサウンド会議のイベントレポートにも書いたように、今回のモニタープログラムは記事を書くことでモニター期間終了後に特別価格でQ:を購入できるという特典がついていました。

「期間中に3本以上Q:およびイベントの記事を書くことで、定価の半額(44,000円)でQ:を購入できる」というものです。

正直、購入しようかどうしようかかなり迷いました。

というのも、最近ようやく普通のテレビのステレオ音声をQ:で聴いたときの違いが少し分かったためです。

特に音が大きいとき。普通のテレビの音は平面に音がバーン!と届く感じでうるさいのですが、Q:のセンタースピーカーを通すとなぜかうるさくないのです。

自分はめざましテレビを目覚ましがわりにしているのですが、音量を大きく設定しているためたまにびっくりすることがありました。が、Q:を通すとそんなことはない。

それだけに購入しようかとも思ったのですが、今回は購入しないことにしました。理由は以下の3つです。

  • 自分の現在のライフスタイルに合わない(必要度が低い)
  • 他に買いたいものがある(というか今月すでに高額な買い物をしてるし、、)
  • 将来、ハイビジョンテレビがフロントサラウンドを搭載するかもしれない

3番目は勝手な期待ですが、あり得ないことはない気がします。無論、テレビは映像のみ、音声はスピーカーに任せるという時代が来るかもしれませんが。

» Q:徹底レビューまとめサイト【ハイビジョンサウンド会議 sponsored by NIRO】