F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

「iPhone SDKの教科書」を購入しました

iphone-sdk-no-kyoukasho.jpg

思いのほか天気がよかったのでチャリで本屋に行ってコンピュータ関連書籍の本を眺めていたらiPhone SDK関連の本が5種類あって、この際どれか一冊買ってしまおうと思って最終的に購入したのがこれ。

iPhone SDKの教科書—Cocoa Touchプログラミング、最初の一歩 (単行本)
iPhone SDKの教科書—Cocoa Touchプログラミング、最初の一歩 (単行本)

正直どの本がいいのか分からなかったので著者の略歴を見比べてみて、この「iPhone SDKの教科書」があのセカイカメラの制作にも携わっている赤松正行さんということで、これを購入することにしました。Amazonでは新品の在庫がない状態が続いているようで、確かに本屋にも二冊しかありませんでした。

入門の取っ掛かりさえできれば開発できるんじゃないかと思ってるので、なんとかこの一冊でiPhoneアプリ開発に入門してみます。

(追記) メモ

  • 第2部のHelloWorldやBallなどのサンプルを自分で一から作ろうとするとき、どのプロジェクトテンプレートを選べばいいのか、どのタイプのファイルを作ればいいのかわからないし、どのファイルを揃えれば「ビルドして進行」が有効になるのかわからない。
  • でもそのあたりすっ飛ばして第2部の4章からのカウンタ作成に取りかかってよさそう。ここからは説明が丁寧なのでわかりやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など