ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > 書籍 > 第56回江戸川乱歩賞受賞の『再会』はさくっと読めるミステリー小説だった
書籍
2010年09月07日 02:26

第56回江戸川乱歩賞受賞の『再会』はさくっと読めるミステリー小説だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

AMNの書籍プレゼントキャンペーンに応募しまして、第56回江戸川乱歩賞を受賞した『再会』というミステリー小説をいただきました。

saikai-yokozeki-dai.jpg

ミステリー小説なのでネタバレを控えて感想を。

まず全体的に文章が読みやすいです。自分は読むスピードが比較的遅いほうなのであまり読書をしないのですが、そんな自分でも最後まですらすら読めました。

主な登場人物は子供の頃同級生だった4人。とある事件をきっかけに彼らが「再会」します。ストーリーを読み進めていくうちに彼らの「過去」と事件の「真実」が徐々に明かされていくのですが、なかなかに予想を裏切ってくれる展開で面白かったです。

最後のほうで「え??そこ登場人物の人たちみんな疑問に思わないの?」という場面があったのですが、エンディングに向かって流れるように進んでいった感じがあるのでしょうがないかなと。

江戸川乱歩賞を受賞した作品の映像化の権利はフジテレビが持つそうですが、ドラマもしくは映画にしやすい小説じゃないかなと思います。さくっとミステリーを読みたい人におすすめの一冊です。

楽天ブックスでチェック

Amazonでチェック

再会