ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > Google > Googleが検索結果ページで特定サイトを非表示にするChrome拡張をリリース
Google
2011年02月15日 06:31

Googleが検索結果ページで特定サイトを非表示にするChrome拡張をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

ちょっと前にGoogleがスパム対策のために「コンテンツファーム」の検出に力を入れるというニュースがありましたが、その対策の一環として、Google検索にて特定ドメインのサイトを非表示にするChrome拡張機能(Extention)をGoogle自身がリリースしたようです。

» Official Google Blog: New Chrome extension: block sites from Google’s web search results

この拡張機能をインストールすると、検索結果1つずつに「Block example.com」のようなブロック用のリンクが表示されるようになります。そのリンクをクリックすると、そのドメインのサイトが検索結果に一切表示されなくなり、それと共にその情報がGoogleに通知されます。

つまり、ユーザーのフィードバックによってコンテンツファームをどんどん発見し、それを元にアルゴリズムを改良しようという意図のようです。確かにスパムサイトの情報をフォームから送信してもらうよりはずっと多くのデータが集まりそうです。

google-block.gif

注意しないといけないのは、ドメイン(サブドメイン)単位でブロックがおこなわれてしまという点です。つまりディレクトリでユーザーを区別しているようなサイト(アメブロやはてなダイアリー形式)を非表示にすると、そのドメインのサイトは全部非表示になってしまいます。

Googleがこのような拡張機能の公開に乗り出したということは、それだけスパムサイトの検出が大変になってきているということでしょうか。興味深いです。

» Personal Blocklist (by Google) - Chrome Web Store (Chromeのみ)