F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

KDPの税に関するインタビューを使ってW8-BENを申請

3週間くらい前に、Amazon から「2013年10月25日までに税に関する情報を送ってね。でないと KDP で書籍を出版できなくなるよ。」という旨のメールが届いてました。

KDP では書籍の売上が米国で発生するため、何も手続きをせずに収益を受け取ると米国側で30%も源泉徴収されてしまいます。その源泉徴収を免除してもらうには、米国の納税者番号を取得した上でさらに W8-BEN (米国源泉税に対する受益者の非居住証明書) というものを作成しなければなりません。

さて、メールをよく読んでみると「新しいオンラインツールを使用すれば、前に関する簡単な質問に答えるだけで、税に関する情報を提出できます。」という記述がありました。どうやら KDP の管理画面から W8-BEN を電子申請できるようになったみたいです。

しかしウィザードを進めると、やはり納税者番号のほうは FAX 等で申請しないといけなかったので、とりあえずその手続きから取り掛かりました。

IRSに納税者番号を申請する

IRSへの申請フォームはヘルプに記載されているように、ここのPDFを使用します。「KDP(Kindle Direct Publishing)で米国に税金を払わなくて済むようにする方法 « カリフォルニアワインのお勝手口」でも書かれていますが、この PDF は直接記入できます。最後の署名と日付だけは手書きです。

記入例は「IRSフォームSS-4 「雇用者番号 (EIN) の申請」の記入例 – Amazon.co.jp:Kindle ダイレクト・パブリッシング:ヘルプ」にもあるのでそんなに難しくないでしょう。

記入できたらプリントアウトして電話か郵送か FAX をするのですが、FAX が簡単でいいかなと思います。海外への FAX はファミマかローソンのコピー機から可能です。

» コピー・FAX|便利なサービス|FamilyMart
» FAXサービス|サービス|ローソン

3週間くらいで IRS から郵便物が届く

FAX を送信してから 3 週間くらいで申請が受理されたというお知らせが郵送で届きます。

kdp-irs.jpg

↑ これに Employer Identification Number (EIN) が記載されています。

届くまでにしばらくかかるので、待ってる間に新生銀行の口座を開設しておくとかしておくといいですね。多くの銀行でリフティングチャージという結構高めの手数料がかかってしまうというのは「Kindle向けに出版したい人が知っておいたほうがいいことまとめ」にも書いた通りです。

W8-BEN を申請

ここまで来れば、あとは W8-BEN を申請するだけです。KDPのダッシュボードを開くとお知らせが出てると思うので、申請ウィザードはそこから開始できます。

以下いくつか気になったポイントを。

kdp-w8-ben-01.jpg

↑ このフォームでは日本語はエラーとなります。

kdp-w8-ben-02.jpg

↑ ここで「はい」を選択し、次の画面で EIN を入力します。

kdp-w8-ben-03.jpg

↑ この質問が分からなかった。今回の所得のことかなと思って「はい」にしましたが、間違ってたらご指摘ください。

kdp-w8-ben-04.jpg

↑ 完成したフォーム。署名は次の画面でおこないます。

kdp-w8-ben-05.jpg

↑ ここに入力すれば、W8-BEN のフォームに自動設定されます。

これで送信すれば完了です。お疲れさまでした。W8-BENが電子申請できるようになって少し楽になっていますが、専門用語が多くてやっぱり難しかったです。。

» Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon Kindleストアで出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など