F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

公式リツイートの予約投稿がBufferでできた

ツイッターで定期的に検索して公式RTをするという作業をしてる人は多いと思いますが、検索した時に見つけたツイートをまとめてリツイートすると、タイムラインを占拠してあまりいい印象を与えないという問題があります。

なので公式RTを予約投稿できるサービスがあれば便利なのではと思って作ろうとしたのですが、調べてみると Buffer がすでにその機能を有していました。

» For the first time, you can now schedule retweets – The Buffer Blog

Webからはブラウザ拡張機能を使う

まずウェブからは Buffer のブラウザ拡張機能を使うと簡単に公式リツイートの予約ができます。

拡張機能をインストールして Twitter を開くとタイムラインや検索結果などに Buffer アイコンのリンクが追加されます。

buffer-retweet-schedule-01.jpg

↑ Buffer リンクをクリック。

buffer-retweet-schedule-02.jpg

↑ 「Buffer」ボタンをクリックすると公式RTの予約ができます。

buffer-retweet-schedule-03.jpg

↑ マウスオーバーすると非公式RTに変更することも可能。

モバイルからはメールを使う

スマホからの場合は Buffer のメール送信機能を使います。メール送信先は Buffer のアカウントごとに固有に設定されているメールアドレスです。

buffer-retweet-schedule-05.jpg

↑ スマホの場合は右下メニューから。

buffer-retweet-schedule-06.jpg

↑ アドレス帳に Buffer が追加されます。

buffer-retweet-schedule-07.jpg

↑ あとは公式リツイートしたいツイートをTwitterアプリなどで探して、「メールで送信」を選択して、Buffer に送信すればOKです。

(追記: 2016-02-16) 1つの Buffer アカウントに複数のソーシャルアカウントを登録しているとすべてのソーシャルアカウントで予約されてしまうようなので、個別に予約したい場合は「How to Email to Buffer – Buffer」の Advanced Commands を利用してみてください。
(参照: https://twitter.com/weed_7777/status/699433857699831808)

ちなみにメールアドレスはパソコンからも確認できます。

buffer-retweet-schedule-04.jpg

↑ 「My Account」-「Email Settings」にある「secret email address」から。

というわけで…

このように Buffer は公式RTの予約投稿が簡単にできるようになってました。

複数アカウントを運用している場合もあると思いますが、Buffer の有料プランを使うか、アカウントごとにブラウザを使い分けるか、Chrome ブラウザの「ユーザー」機能を使うか、Buffer へのメール送信で使い分けるかといった方法をとればよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など