F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

報酬をもらって記事を書くブロガーにGoogleがペナルティ?

Ad Innovator: PayPerPostのブロガーのGoogle PageRankが0に?」より。

参加ブロガーに商品に関する記事を書いてもらうことに対してお金を支払うPayPerPostの参加ブロガーのGoogle PageRankが下がり…

ということらしい。情報ソースはTechCrunchの「PayPerPost Bloggers Get Slammed By Google」。あぁ、土日だからまだ日本語に訳されてないのかな。

報酬と引き換えにブログに記事を書いてもらうというのは、先頃話題になっていた有料リンクとあまり変わらないという見方だろうか。

とりあえずPayPerPostというサービスに参加しているブログのみが検閲されたようだが、今後同様のことが他のサービスに適用される可能性はありそう。

日本ではCyberBuzzとか?PR BoardはOK?どこまでOKでどこからNGなのかな。

P.S. Google Operating Systemでも「PageRank and Paid Links」という記事で取り上げられていた。

(追記) ブログヘラルドでは次のような考察がなされている。

現在、多くのブロガー(およびブログ)が自分達のページランクが落ちた(ゼロになったサイトもある)にも関わらず、他の統計データには何の変化もなく、トラフィックも落ちていないことに気づき始めた。

グーグルの狙いは、有料レビューがページランクを売る行為と同様に、グーグルに打撃を与える、アルゴリズム違反だと言う認識を広めたいのであろう。 — しかし、レビュー記事の目的はあくまでも製品あるいはサービスをレビューすることにあると私は思うのだが。

» Google、PayPerPost(Izea)を見せしめ目的で痛めつける? at ブログヘラルド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など