F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

CMとYouTubeと無線LAN端末

あのCMをもう一度見たいと思っても、タイミングよくお目当てのCMを見ることができるのは稀である。インターネットでCMギャラリーを探すのだが、すべての企業サイトにCMギャラリーがあるわけではない。

そんなとき、YouTubeが企業サイトのCMライブラリをホスティングしたらいいのにと思う。もしそうなったら、どんないいことがあるだろうか。

  • 見たいCMをいつでも見られる
  • 企業サイトはサーバのリソースを節約できる
  • YouTubeの動画と企業のCMをマッチング
  • YouTubeの動画にCMを流すことで権利者に利益を還元
  • 日本の動画に海外のCMがマッチングする可能性(その逆も)
  • パーソナライズCM
  • CMの正確な視聴数の計測
  • 放映期間の終了したCMのライブラリ化
  • CMの検索が可能に
  • CM情報のAPI提供

著作権や契約期間の問題とか、日本の商品のCMを海外の動画にマッチングさせて意味があるかとか、そういうところはあえて考えていない。

今もそうだが将来的にも無線LAN搭載の端末が増えるのは確実。携帯ですら無線LANを搭載する流れがきている。ただ、端末の値段が高くて手が出ないことも多い。

だったら無線LAN経由でその端末にCMを流すようにして、端末の価格や通信料を無料にしたらどうだろうか。テレビのCMだって必ずしも見られているとは限らないから、その端末に流れるCMも必ずしも見る必要はない。

YouTubeが世界中のCMを集めておけば、そんな仕組みも実現できるんじゃないだろうかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など