F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

ツイートボタンで使われているツイート数取得APIをTopsyのAPIと比較してみた

official-tweet-button.jpg

ツイートボタンの裏で使われているAPIを試す

URL一覧からツイート数を取得するツールをつくっていた時に、Twitterの公式ツイートボタンの裏で使われているAPIも試していました。

ツイートボタンでは動的にツイート数が表示されるので、裏ではその手のAPIをリクエストしているはずです。調べてみると次のようなAPIが存在していました。

http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json?url=[調べたいURL]
&callback=[コールバック関数名]

試しに「http://www.yahoo.co.jp/」のツイート数を調べてみると、次のようなレスポンスが返ってきました。

{"count":7702,"url":"http://www.yahoo.co.jp/"}

7702回ツイートされているようです。ただ、この数値は実は正しくありません。

今年このブログで書いたエントリーのツイート数を公式APIで調べていたのですが、今年の前半のほうに書いた記事のツイート数は、軒並みゼロが返ってきました。

TopsyのAPIを試す

ツイート数を取得する同様のAPIとしては、サードパーティーのTopsyが提供しているAPIがあるのですが、そのAPIで「http://www.yahoo.co.jp/」のツイート数を調べると、9466という結果が返ってきます。

また、このブログで書いたエントリーのツイート数を調べてみると、きちんと今年の前半に書いた記事のツイート数も取得できました。

8月1日が境目?

おそらく公式のほうでは、特定の時期以前のツイート数がカウントされていません。

このブログの記事で調べた限りですが、8月1日を境に、それ以前に書かれたエントリーのツイート数はTwitterとTopsyとで一致しておらず、それ以降に書かれたエントリーのツイート数はほぼ一致していました。

というわけなので、今のところは8月以降に公開されたページのツイート数であれば、公式の非公開APIでも正確なツイート数を取得可能ですが、それ以前のページはあやしげ。

いずれにしろ、ツイッターのほうはドキュメントに載っていないものだし、ツイート数の取得にはTopsyのAPIを使うほうがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など