F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

instagramのハッシュタグつき写真などからブログパーツを生成できる「BadgePlz」

スマートフォンで使えるinstagramのような写真共有アプリの写真データに特化してブログパーツ用ウィジェットを生成してくれる「BadgePlz」というサービスがありました。

badgetplz-01.gif

対象サービス

2011年2月16日現在でサポートしているサービスは以下の5つ。いずれもiPhoneやAndroid端末のアプリから利用できるお手軽な写真共有アプリです。instagramっぽいものもあります。

instagramに関してはハッシュタグで検索した写真しか利用できないのでちょっと用途を限定してしまうかもしれませんが、その他の4つのサービスについてはユーザー名指定で自分の写真とプロファイルデータを利用できます。

使い方

ここではinstagramのハッシュタグつき写真をブログパーツにする方法を説明します。

badgetplz-02.gif

↑ まずトップページinstagramのところにある「GET MY BADGE」をクリック。

簡単な設定画面が開くので、カスタマイズをおこないます。

badgetplz-03.gif

↑ 設定画面。

この画面では次の項目を設定できます。

  • ハッシュタグ(#をつけずに入力)
  • 背景色
  • 枠の色
  • 枠の角丸の半径
  • 表示する写真の数
  • 写真の枠の太さ
  • 写真の枠の色
  • ユーザー情報を表示するか(instagramでは表示なし)

色やサイズは自分のブログやサイトの貼り付ける場所やテイストにあわせて、お好みで設定してください。

badgetplz-04.jpg

↑ これは「snow」のハッシュタグつき写真を「3 x 3」で表示した例。

badgetplz-05.gif

↑ このようなiframeのHTMLタグが生成されるので、あとはこのコードを自分のサイトにコピペするだけです。

ブログパーツのサイズは表示する写真の数で自動的に決まります。写真の数は9×9まで指定できますが、instagramの場合は20個までしか表示されません。

現在はinstagramはハッシュタグのみですが、自分専用のハッシュタグを写真につけておけば、自分の写真だけを表示させることも可能です。instagramに投稿する際に、自分のユーザーIDでハッシュタグをつけるなどしておくといいかもです。

» BadgePlz | Social Photo Badges

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など