F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

英語キーワードのGoogleトレンドはあてにならない?

Google先生が教えてくれた日本におけるFacebookの利用の実態 – もとまか日記」という記事で「GoogleトレンドでFacebookを検索すると、地域は日本なのに言語はトルコ語やイタリア語が上位にきている」という件について興味深い考察がなされていました。

気になったのでGoogleトレンドを調べてみたのですが、結論からいうと、どうもGoogleトレンドの結果はあてにならない・・・という結論に。。

まず「すべての国」「すべての期間」でfacebookのトレンドを調べてみると、トルコ語が1位です。

google-trends-facebook-1.gif

» Google トレンド: facebook

次に「アメリカ合衆国」「すべての期間」でfacebookのトレンドを調べてみると、やはりトルコ語が1位です。

google-trends-facebook-2.gif

» Google トレンド: facebook(アメリカ合衆国)

トルコのFacebookユーザー数は世界で第4位らしいのですが、そんなにアメリカにいるトルコの人が検索しているのでしょうか。。

試しに、キーワードを「Twitter」にして、地域を「日本」に指定して調べてみました。すると言語の1位はポルトガル語、2位はスペイン語、3位が日本語でした。。

google-trends-facebook-3.gif

» Google トレンド: twitter(日本)

「Twitter」って検索しますよね??英語キーワードの結果はどうもバグってる気がしてなりません。

カタカナで調べてみた

「Facebook」だと「Tokyo」が断トツということだったので、ついでに「フェイスブック」というカタカナでトレンドを調べてみました。

そうすると、「すべての期間」では1位が沖縄、2位が栃木、3位が千葉という結果に。

google-trends-facebook-4.gif

» Google トレンド: フェイスブック(日本)

期間を「過去12ヶ月」に縮めて調べてみると、1位が沖縄、2位が熊本、3位が岡山となりました。

google-trends-facebook-5.gif

» Google トレンド: フェイスブック(日本、過去12ヶ月)

というわけなので、英語キーワードの場合Googleトレンドはあまりあてにしないほうがいいかもと。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など