F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

YouTubeでTwitterアカウントに接続後、接続を切ってもGoogleアカウントには残る

まぁ特に大した問題ではないと思うのですが、要点は以下の通りです。

  • YouTubeでTwitterアカウントに接続する
    → Googleプロフィールの「接続しているアカウント」に表示される
  • YouTubeでTwitterアカウントの接続を切る
    → Googleプロフィールの「接続しているアカウント」からは消えない

YouTubeのアカウント設定にある「アクティビティの共有」では、アクティビティの共有先としてTwitterやFacebookなどを選択できます。

Twitterを共有先として利用するには自分のTwitterアカウントと接続する必要があって、他のTwitterアプリケーションと同様にOAuth認証によって接続します。

この時、許可を求めてくるアプリケーションは「YouTube」ではなく「Google」になっていて、許可するとGoogleプロフィールの「接続しているアカウント」に表示されるようになります。

ここまでは良いのですが、その後、YouTubeの「アクティビティの共有」でTwitterアカウントの情報を削除しても、Googleプロフィールの「接続しているアカウント」のほうでは削除されません。

Googleプロフィールに残るので、このデータを元にGoogleのソーシャル検索などで利用されたりします。確かにOAuth認証のときに「Google」となっているのですが、YouTubeから利用したわけので若干の気持ち悪さを感じます。

というわけで、YouTubeからTwitterアカウントに接続した場合でも、完全にGoogleからTwitterアカウントの情報を消したい場合は、Googleプロフィールの「接続しているアカウント」から消さないといけない、ということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など