F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

ARROWS NX F-06EのMiracast機能で画面をテレビに映してみよう

ARROWS NX F-06E

ケータイ会議NX!」にて富士通のスマートフォン『ARROWS NX F-06E』をレビューすることとなりました。約1ヶ月間の間 F-06E を使いつつブログにレビュー記事を書いていきます。(詳しくは記事末にて)

ARROWS NX F-06EでMiracast

さて、いきなりですが、今回レビューするにあたって Miracast 対応のワイヤレスディスプレイ用テレビアダプター「NETGEAR PTV3000 Push2TV」を準備しておいたので、色々すっ飛ばして早速 Miracast 機能の使い勝手について書きたいと思いますw

Miracast とは?

まずは「Miracast」という聞き慣れない単語について説明しておきましょう。これは「Wi-Fiを使ってディスプレイ映像を伝送する技術」の名前で、ある機器の画面を別の機器に転送して画面共有ができるというものです。

ARROWS NX F-06E はこの Miracast をサポートしている端末の一つなので、今回用意した PTV3000 を使うと F-06E の画面をテレビに映すことができるのです。

B00A7MGHVW
NETGEAR PTV3000 Push2TV ワイヤレス ディスプレイ用テレビアダプター PTV3000-100JPS

打ち合わせ中にプロジェクター代わりに使ったり、家族でギャラリーの写真を一緒に見たり、YouTubeやHuluの動画をテレビで鑑賞したりと、色々な使い方が想像できるのではないかと思います。

PTV3000 をテレビに接続する

ARROWS NX F-06EでMiracast

PTV3000 のテレビへの接続はHDMIケーブルを使いますが、別売りなので忘れずに購入しておいてください。Amazonで買えば「よく一緒に買われているもの」としてレコメンドされるので一緒に買っちゃうといいですね。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ 次に付属しているUSBケーブル+電源アダプターを接続します。

なお、テレビにUSB端子があるなら電源アダプターを使わなくても大丈夫で、USBケーブルをそのままテレビのUSB端子に接続して電力を供給することもできます。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ テレビのほうでHDMIケーブルを接続した入力チャンネルに切り替えます。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ しばらくするとスタンバイ状態の画面になります。これでスタンバイOK。

F-06E から Miracast 機能を使う

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ まずは、Wi-Fi をオンにしないと Miracast は使えませんので、F-06E の Wi-Fi をオンにします。通知パネルからオンにするのが一番簡単です。

ARROWS NX F-06EでMiracast

次に PTV3000 と接続します。「本体設定」-「Miracst」を選択するか、スライドインランチャーのメニューの中にある「Miracast」を選択します。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ スライドインランチャーにもデフォルトで入ってます。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ しばらくするとアダプターの名前が表示されると思いますので、タップして接続してください。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ 映った!

このように画面がテレビに表示されれば成功です。なお、一度接続すればあとはMiracastの設定画面を開くだけで自動的に接続してくれるようになります。

画質とかどうなの?

通常の待ち受け画面、ブラウザ、ギャラリーの写真などはかなり綺麗に表示されます。ブラウザの文字も綺麗に表示されるので目に優しいですね。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ ブラウジング

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ Google Play

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ Googleマップ

ただ、HuluやYouTubeなど動画関連は少々映像が荒くなります。1080pのHD動画のようにビットレートの高い映像はちょっとコマ落ちも発生しました。ストリーミングしたものをストリーミングするので、画質劣化はやむを得ないかなと思います。

(追記 2013-06-22) 富士通の方に聞いたところ、動画の画質はアダプタの性能によって変わるとのこと。

ARROWS NX F-06EでMiracast

↑ ドットインストールくらい動きの少ない映像なら画質を気にすることなく視聴できます。

なお基本的に Miracast の使用中は、待ち受け画面は縦向きスタイルで表示されますが、多くのアプリは横向きスタイルに固定されてしまいます。LINEやLINEバブルは縦向きでした。

また、Miracast を使うと音も転送されるのでテレビから音が出ますが、F-06Eのほうにイヤホンを接続しておけば、音だけ F-06E のほうからイヤホン経由で出力することも可能です。

なおHDMI経由の映像をテレビで録画できないかなと思ってやってみましたが、無理でした。

ざっくりまとめ

こんな風に Miracast 対応のアダプターと組み合わせると、ARROWS NX F-06E の画面を簡単にテレビに映し出すことが可能です。

待ち受け画面や写真、アプリ、ブラウザの画面などはかなり綺麗に表示されますが、動画に関してはやや画質が劣化します。また、多くのアプリは横向きスタイルで表示されます。

スマホとテレビを直接ケーブルでつなぐ必要がないため、うまくやればプレゼンもできそうですね。Miracast 機能なかなか便利なのではないでしょうか。

ちなみに画面サイズが微妙にフィットしてないと感じた場合は、テレビのほうの設定を変更するといいかもしれません。うちのレグザの場合は「スキャン設定」という項目を「ジャストスキャン」にするときちんとフィットしました。

P.S. 同じくMiracastをレビューされているせうさんのエントリーもご参考にどうぞ。
» せうの日記:[KNX!]ARROWS NX F-06Eの画面をテレビに映そう!

↑ 他の参加者のレビューはこちらから!

※ スマホからブロガーレビューにたどりつけない場合はこちらからどうぞ。
ARROWS @ ケータイ会議11

B00A7MGHVW
NETGEAR PTV3000 Push2TV ワイヤレス ディスプレイ用テレビアダプター PTV3000-100JPS

【ケータイ会議NX!とは?】
ケータイ会議NX!とは、富士通の最新スマートフォンARROWS NX F-06Eをブロガーが使い倒してブログで自由にレビューする企画です。通信料は各自の負担、モニター後は端末をそのまま使い続けることができるようになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など