F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

「女王はかえらない」が自分の中ではヒットしなかった

女王はかえらない (「このミス」大賞シリーズ)
女王はかえらない (「このミス」大賞シリーズ) (降田 天)

ふらっと書店に寄り道したついでに何か最近のミステリー小説を読みたいなと思ったのですが、特に何が面白いという情報を持ってなかったので「このミステリーがすごい!」大賞の受賞作ならハズさないだろうと考えてこの本を買ったところ、残念ながら自分の中ではヒットしませんでした。

ミステリー小説だと思って読んでいたのにミステリー的な要素、つまり事件的なものがなかなか起きない。舞台は小学校で、クラスの女王様的な存在の女子と、そのクラスに転校してきた一見お嬢様風だけど実はそうでなかった女子の対立、そこから起きるイジメ的な内容などがしばらく続いて、ようやく事件キタ━(゚∀゚)━!と思ったらそこで第一部が終了。

第二部では大人になった彼らのうちの誰かを中心に話が進んでいって、これが一部で起きた事件と何か関わってくるのかどうなのか見えないまま第二部終了。

そして第三部で真相が明かされ、確かに「え、そうだったの?」という感想は持つのですがどちらかというと「え、そっち?」っていう感じです。読み終わって多少の重苦しさはあるものの、東野圭吾の比ではなく。

ミステリーというジャンルに入れず、また何も賞を受賞していないという前提で読めば面白いと感じたかもしれませんが、「このミステリーがすごい!」っていうお墨付きに期待値を高めすぎてしまったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など