ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > エンターテインメント > 映画 > 今年の秋は『ただ、君を愛してる』で泣きましょう
映画
2006年05月06日 00:19

今年の秋は『ただ、君を愛してる』で泣きましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

先頃ようやく公式サイト(http://www.aishiteru.jp/)が公開されたようです。市川拓司さんの小説の映画化第二弾です。

恋愛写真―もうひとつの物語
恋愛写真―もうひとつの物語

知らない人のために簡単に説明するとこの映画の原作は「恋愛寫眞―もうひとつの物語」という作品で、さらにこの作品は広末涼子主演で映画化されてた「恋愛寫眞 Collage of Our Life」へのオマージュとして書かれています。なので、登場人物の名前が一緒です。実は広末涼子主演のほうは見たことがないので、この二つの作品がどこまでストーリーや設定が似てるのか把握しきれていません。

で、『ただ、君を愛してる』のほうですが、主人公の静流役は宮崎あおいさんです。公式ページにメイキングの映像がありますが、かなり役にぴったりハマってる気がします。特に大学生に見えないくらい幼いところとかね。静流に恋をする(というか静流が恋をするのほうが正しい?)誠人役は玉木宏。こっちは原作のイメージとはちょっと違います。こんな二枚目じゃない、と個人的には思ってます。でも「いま、会いにゆきます」の中村獅童の髪型に比べれば、純粋に恋愛映画を楽しむためには玉木宏くらいの二枚目が演じるほうがいいですね。

ストーリーに「いま、会いにゆきます」ほどのサプライズはありませんが、やはり市川拓司さんの小説らしいファンタジックな秘密はあります。泣けるはずです。10月28日の公開が楽しみです。