ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

バッティングセンター
2014年07月17日 16:16
なぜストラックアウトはよくフレームに当たるのか

スポンサード リンク

akiba-struck-out.jpg
(photo by nenzab)

久しぶりにバッティングセンターでストラックアウトをやったのですが、12球中5球くらいフレームに跳ね返されてしまいました。ストラックアウトには2枚抜きができるタイプとできないタイプとがありますが、アキバのヨドバシにあるのは2枚抜きができないタイプ。

的と比べてフレームはあんなに細いのになぜこんなに跳ね返されてしまうのだ!?・・・と思ってしまいがちですが、要はこういうことだと思います。

struckout-mistery.jpg

↑ ざっくり赤い破線くらいをボールの中心が通らないとマトは抜けません。

つまりフレームがある (かつボールの大きさがある) ことで、的を抜ける範囲は実際の的のサイズより小さくなってしまうということになります。

的の四隅はフレーム2本に当たるのでより抜きにくくなりそうに思いますが、物理学的にどうなのでしょうか。それからボールに逆回転がかかるので上のフレームより下のフレームのほうが跳ね返されやすいかもしれません。

TOEI LIGHT(トーエイライト) ベースボールトレーナー B-2203
TOEI LIGHT(トーエイライト) ベースボールトレーナー B-2203 (TOEI LIGHT(トーエイライト))

» ヨドバシAkiba|Music&Book&Golf|アクティブAKIBAバッティングセンター

LINE
2014年07月15日 17:26
カルピスウォーターを買ってリラックマのLINEスタンプをゲット!

スポンサード リンク

今カルピスウォーターを買ったらリラックマのLINEスタンプがもらえるということで早速買ってきた!

line-calpis-rirakkuma-stamp-01.jpg

↑ この首かけPOPがついてるカルピスウォーターを買いましょう。

line-calpis-rirakkuma-stamp-02.jpg

↑ スマホから calcom.jp にアクセス。「ダウンロードはこちらから」をタップ。

line-calpis-rirakkuma-stamp-03.jpg

↑ 画面が真っ白で反応しない・・・。

もしブラウザが次の画面へ進まない場合は、リロードしてあげましょう。ちなみに AppStore が開いてしまう場合もあります。。

line-calpis-rirakkuma-stamp-04.jpg

↑ 無事にLINEの専用画面が開いた。ここからシリアルナンバーを入力してダウンロード。

line-calpis-rirakkuma-stamp-05.jpg

↑ ダウンロードできました!

リラックマスタンプのダウンロードは8月11日までだそうです。首かけPOPつきのカルピスウォーターがなくなり次第終了らしいのでお早めに。

カルピスウォーターといえば能年ちゃんの新しいCMもかわいいですけど前のほうが好きです。

iPhoneアプリ開発
2014年07月13日 23:59
Xcode 6 beta 3でSourceKitService Terminatedが出まくっていた件

Xcode 6 beta 3 をインストールすると、「SourceKitService Terminated Editor functionality temporaliry limited」というエラーなのか警告なのかよく分からないものが何度も出まくってコーディングがままならない状態になっていたのですが、インストール済みの Xcode 6 beta と Xcode 6 beta 2 をゴミ箱へ送ると改善されました。

改善されたといっても、まだ必ず1回は出るのですが。

Stack Overflow には「こうやったら解決した」という事例がいくつか投稿されているので、原因が他にもある可能性は大です。

» ios - SourceKitService Terminated - Stack Overflow

サジェスト機能が正常になった。

My solution is to remove Xcode 6 beta and Xcode 6 beta 2.

(追記: 2014-07-15) と思ったらまたひどくなってきた…。

(追記: 2014-07-15) リアルタイムにサジェストしてくれる機能に問題がありそうなので、ひとまず「Preferences」-「Text Editing」にある「Suggest completion while typing」のチェックをオフにして、サジェストは Escape キーのみで利用することにした。

Xcode 5 完全攻略
Xcode 5 完全攻略 (STUDIO SHIN)

ツムツム
2014年07月12日 13:52
LINEツムツム: ミッションビンゴでコインをピッタリ256枚稼ぐコツ

ツムツムのミッションビンゴ2枚目の難易度が下がったおかげであっさり2枚目をクリア。3枚目は1枚目くらいの難易度になっているので結構簡単に埋まっていきますが、7番のミッションだけ運まかせなところがあります。

tsumutsumu-bingo-3-256coin-02.jpg

↑ 「コインを1プレイでピッタリ256枚稼ごう」というミッション。

他のミッションをやっていてたまたま256枚になる場合もあると思いますが、それはなかなか難しいです。このミッションをクリアするコツとしては、

  • 253枚や254枚といった、256枚に近い枚数になるまで普通にプレイ。
  • ただしその枚数になった時には、ラストボーナスが発動しないようにボムを使い切り、スキルも発動しない状態にしておく。

ということがポイントです。ラストボーナスが発動するとコインが増えちゃいますからね。

コインが256枚に近い枚数になったらあとは狙った枚数だけコインを出すようにします。

ツムツムでコイン集め!大チェーンで何コインもらえるのかためしてみた - NAVER まとめ」によるとコインは4チェーンで1枚、5チェーンで3枚、6チェーンで5枚出るということなので、

  • 255枚になったら4チェーンをあと1回
  • 254枚になったら4チェーンをあと2回
  • 253枚になったら4チェーンをあと3回もしくは5チェーンを1回
  • ・・・

という風に残り枚数にあわせてチェーン数を調整してツムを消しましょう。あとはゲーム終了まで何もしない。そうすれば確実に256枚コインを獲得できますよ。

tsumutsumu-bingo-3-256coin-01.jpg

↑ 256枚ゲット!

ツムツム TSUM TSUM ミニ(S)【オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット】
ツムツム TSUM TSUM ミニ(S)【オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット】 (ディズニー)

ツムツム
2014年07月11日 20:51
LINEツムツム: ミッションビンゴ2枚目の難易度が下がった!

LINEツムツムのミッションビンゴが更新されてますね。2枚目のミッションが難しくてもはやどうでもよくなってたのですが、今回の更新で難易度が下がってます。

tsumutsumu-bingo-update-01.jpg

↑ 16番は以前はバズのツムが必要でしたが、「トイ・ストーリーの仲間たちを1プレイで100個消そう」に変わってます。

tsumutsumu-bingo-update-02.jpg

↑ 24番は以前はカモノハシのスキルが必要でしたが、「くちばしのあるツムを使ってコインを1プレイで500枚稼ごう」に変わってます。

※ 他はすでにクリアしてるので確認しておりません。

ちなみに「くちばしのあるツム」というのは、簡単に入手できるのだとドナルドやデイジーですね。500枚が厳しいときはコインボーナスのアイテム等と組み合わせるといけると思います!

3枚目と4枚目が追加されてるけど2枚目がクリアできてないし!と思ってた人は、クリアできてないミッションを確認してみるといいかもです。

【Disney Store】ディズニーストア ミニ(S) TSUM TSUM ドナルド
【Disney Store】ディズニーストア ミニ(S) TSUM TSUM ドナルド (Disney Store)

Swift
2014年07月10日 15:25
Swift: ArrayとDictionaryの型指定に関する新しい記法

Xcode 6 beta 3 が出ていたのでインストールしてみたらいくつか警告が出ていて、ドキュメントを見てみると 2014-07-07 の Revision History に配列と辞書に関する変更が記載されてました。

» The Swift Programming Language: Document Revision History

これまで各要素が String 型である配列は String[] のように書いてましたが、これからは [String] と書きます。

// 従来
let thatArray: String[] = ["hoge", "fuga"]

// これから
let thisArray: [String] = ["hoge", "fuga"]

辞書型は、例えば Dictionary<String, String> と書いていたものは、これからは [String: String] となります。

// 従来
let thatDict: Dictionary<String, String> = ["hoge": "fuga"]

// これから
let thisDict: [String: String] = ["hoge": "fuga"]

なので、例えば配列の要素が Dictionary<String, AnyObject> 型であった配列の場合は次のようになります。

// 従来
let x: Dictionary<String, AnyObject>[] = []

// これから
let y: [[String: AnyObject]] = []

なんとなく読みづらくなった感がありますが、今後はドキュメントも新しい記法で統一されるそうです。