F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Google Maps API - マーカーをGIconでカスタマイズ

草野球グランドマップのマーカー画像を野球ボールにカスタマイズしてみました。

【方法】
まず画像は自分で用意しないといけません。画像を用意したらサーバに転送しておきます。フォーマットはjpgでもgifでもpngでもいいです。マーカーには影も付けることができますが、必須ではないので面倒くさいなら影の画像は不要です。

マーカーの画像をカスタマイズするときは、GIconクラスを使います。

var baseIcon = new GIcon();
// 画像のURL
baseIcon.image = ‘http://map.fkoji.com/ball.jpg’;
// 画像のサイズ
baseIcon.iconSize = new GSize(16, 18);
// マーカーの設置点に対応させる画像の座標
baseIcon.iconAnchor = new GPoint(8, 18);
// マーカーの吹き出しの先端の位置に対応させる画像の座標
baseIcon.infoWindowAnchor = new GPoint(8, 8);

このようにGIconの属性を設定します。そしてマーカーを生成するときのGMarkerの引数に

var marker = new GMarker(new GPoint(x, y), baseIcon);

のように与えます。意外と簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など