F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

続・XHTML Validator

タグやセミコロンなどを色々修正してようやくエラーが118まで減りました。エラーを潰していく中で気がついたうっかりミスをメモ。

・タグの中にonClick属性をつけてJavaScriptの関数をセットする場合、最後にセミコロンをつけてはだめ

セミコロンがあると、実体参照のセパレータのセミコロンとして解釈される場合があるようです。

pタグの中にblockquotetableタグを使ってはだめ

これはHTMLを手で打つ場合に使うことはほとんどないのですが、ブログを投稿するときにpタグの中にblobkquoteなどが入る場合があります。MTなどの投稿画面で行を1行空けると、そこでパラグラフが終わって、次の行から新しいパラグラフが開始されます。もし1行空けずに改行だけすると、そこはbrタグとなります。つまり、改行して1行空けずにblockquoteタグを開始すると、それまでのパラグラフが終了しないためにpタグの中にblockquoteが入ってしまうのです。

・アフィリエイトやブログパーツなどのHTMLコードがValidateでない場合がある

ブログはValidateなXHTMLで構成されるべきものなのですが、そのブログに貼ってくださいと提供されているブログパーツやアフィリエイト用タグなどが、XHTMLに準拠していない場合が多々あります。scriptタグにtype属性が無かったり、imgタグにalt属性がなかったり、タグ名や属性に大文字が使われていたりしていないでしょうか?

[関連エントリー]
XHTML1.0 Validatorで249個エラー出た

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など