F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

紙がやぶれた感じの画像をFireworksで再現してみる

紙がやぶれた感じを表現するPhotoshopチュートリアルいろいろ – DesignWalkerにて紹介されていたテクニック集のうち、最初のPhotoshop Page Tear | AdrianHerritt.comで解説されている方法を、Fireworksで再現してみました。

練習なので下手くそですが、

tedy_400_300.jpg

↑この画像が、

paper-tear-effect.jpg

↑こんな感じになります。なんとなくそれっぽいですよね。

では、やってみましょう

paper-tear-effect-01.jpg

↑なげなわツールで適当にギザギザをつけて選択し、カットします。

paper-tear-effect-02.jpg

↑「Ctrl + Shift + I」で選択範囲を反転させます。

paper-tear-effect-03.gif

↑右クリックして「コピーして新規ビットマップにする」を選びます。ビットマップが2個になります。

paper-tear-effect-04.jpg

↑再びなげなわツールで紙の切れ端部分を選択します。

paper-tear-effect-05.gif

↑「コピーして新規ビットマップにする」を実行します。ビットマップが3個になります。

paper-tear-effect-06.gif

↑「フィルタ > カラー調整 > レベル補正」で適当に色を調整して、薄いグレーにします。

paper-tear-effect-07.gif

↑「フィルタ > ノイズ > ノイズの追加」でノイズを10くらい追加します。

paper-tear-effect-08.gif

↑「フィルタ > ぼかし > ぼかし(強)」でぼかします。2回くらいぼかします。

paper-tear-effect-09.jpg

↑最下層のレイヤーにドロップシャドウを追加します。幅は2で、透明度が85%、柔らかさは6くらいです。

paper-tear-effect.jpg

↑これで完成。おもしろい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など