ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > 検索王の見る検索 > 検索エンジンに見せる内部リンクの質
検索王の見る検索
2008年11月17日 08:10

検索エンジンに見せる内部リンクの質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

ほとんどのブログではサイドバーやフッターなどに「最近の記事一覧」や「注目の記事」といった「内部リンク」を掲載していると思います。

それらは訪問者に対して「他の記事を見せる機会を与える」という意味では有効なのですが、そのリンクを検索エンジンのクローラーにまで見せる必要があるでしょうか。(とたまに思うことがある)

たとえばある記事を書いたとします。その記事のタイトルはブログの全ページのサイドバーに「最近の記事」として表示されます。(全ページのサイドバーが共通である場合)

もちろん、そのリンクによって新しい記事がクローラーに見つけてもらいやすいというメリットはあるのですが、目的のページ以外が検索結果に表示されてしまう可能性も生じてしまいます。検索でサイドバーの文字にヒットしてしまって無関係なページが提示されることがあるということです。

検索エンジンからのトラフィックが増えるからいいじゃないかと思うかもしれませんが、ユーザはまったく無関係なページを見せられるためすぐに離脱してしまうでしょう。サイドバーに存在する目的のページへのリンクには気づかれない可能性があります。

また、全ページの記事になんらかの関連性があればいいのですが、まったくジャンルの違う記事であることも多く、そうするとその内部リンクの質が下がってしまうことにもなります。

もし内部リンクを設置したいのであれば、サイドバーではなく記事の終わりに「関連記事」へのリンクを置くほうが効果的な気がしています。

そうすると関連する記事同士が内部リンクを構築することで、そのリンク自体もページ自体も質が高くなるからです。(検索エンジンのアルゴリズムがそう判断するかは知りませんが)

という感じで最近はサイドバーやフッターにあるリンクをどうしようかとぼんやり考えているところです。