F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

表示された広告はFacebook Exchangeのターゲティング広告だった

TechCrunchに紹介されてた「Sifteo Cubes」という海外のガジェットが面白そうで公式サイトとか色々見ていたら、Facebookの右サイドの広告欄に Sifteo Cubes の広告が表示されていました。

facebook-exchange-1.jpg

さっき見てたサイトなのでターゲティングっぽいなと思って調べてみると、今年 Facebook は「Facebook Exchange」というターゲティング広告を米国でスタートさせていました。

» Facebook、ターゲティング広告サービス「Facebook Exchange」を一般公開 – ITmedia ニュース

例えばオンラインショッピングサイトを訪問したユーザーが、製品をチェックしたものの購入にいたらないままWebサイトから離れると、DSPがWebサイトオーナーにそのユーザーへのFacebook広告のリアルタイム入札を促す。Facebookは、この広告サービスにより、従来よりタイムリーで関連性の高い広告をユーザーに表示できるようになるとしている。

うん、確かにタイムリーだねw

で、当然この広告システムにはCookieが利用されているということなので、ブラウザでそれっぽいCookieを探してみたら Sifteo Cubes のサイトで見つかりました。

facebook-exchange-2.jpg

↑ この「adnxs.com」というドメインのCookie。

www.adnxs.com にはログイン画面しかありませんがそこに「appnexus」というロゴがあり、その appnexus を調べてみたら「AppNexus」のサイトのトップページに「THE FACEBOOK EXCHANGE」という文字が。

facebook-exchange-3.jpg

↑ やはりここのサービスのCookieだったようです。

というわけでおそらくまだ海外サイトだけだと思いますが、先の記事にもあるように欧州やアジアにもそのうち進出してくるでしょう。

ところで Sifteo Cubes って面白そうなガジェットですね。

» コンピュータ/携帯ゲームを破壊革新ディスラプトする小さなキューブSifteo Cubes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など