ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > 書籍 > 湊かなえ『リバース』の結末に鳥肌立った
書籍
2015年06月10日 11:25

湊かなえ『リバース』の結末に鳥肌立った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

普段ほとんど読書しないけどたまに本が読みたくなることがあって、やっぱりミステリー系がいいかなぁと2冊買ったうちの1冊。

リバース
リバース (湊 かなえ)

湊かなえ作品は『Nのために』以来。書店でちょっと出版日を確認しようかなと思ったら、立ち読み防止のためか透明のテープが巻かれていました。

minatokanae-reverse.jpg

ただ単に立ち読み防止のためなのかなと思ってたのですが、最後まで読んでみて分かりました。最後の1、2ページに「まじか… (ゾワゾワ)」という結末が。後書きもないので、うっかりパラパラめくって最後のページを目にしてしまったらこの小説を読む意味がなくなります。そういう意味での透明のテープだったのでしょうか。

全体的な印象としては決して激しい内容ではなく、穏やかに緩やかに話が進んでいく感じです。

物語も終盤になって「そういえば1個だけ解決してない件があるよなぁ」とは思いながら読んでました。残りのページももう数ページになって「え、もう残りページ無いし、あの件は分からないままなのか…?でも、いい感じでエンディングを迎えてるし…。」って思ったところに。。