F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

複数の複雑なパスワードの簡単な作り方

「英数字が混在した8文字以上で、英字は大文字と小文字を一つ以上含むこと」

職場などでは、よくこういった複雑なパスワードを設定することが求められます。さらに、30日ごとに定期的に変更しなければならなかったり、前回・前々回と同じパスワードは使えなかったりするため、三、四種類の複雑なパスワードを準備する必要があります。こういう場合は、次のようにすれば簡単に条件を満たすパスワードが複数作れます。

1. ベースとなる英数字文字列を準備します。例えば「hoge1234」とします。

2. その文字列に含まれる英字の中で、1文字だけ大文字にしたパターンをパスワードとします。
 ・Hoge1234
 ・hOge1234
 ・hoGe1234
 ・hogE1234
 これだけで、4種類の複雑なパスワードが作れます。あとはこの4種類を使いまわせばいいだけです。

この方法を使うと、ベースとなる文字列だけを憶えておくだけでいいのです。どの1文字を大文字にしたかを忘れたとしても、どれかの文字を大文字入力して試してみれば、何度目かに必ず成功します。三、四種類の複雑なパスワードも簡単に準備できます。ベースとなる文字列の文字数を増やし、英数字をバラバラに並べれば、より強固なパスワードができます。

これで、あなたも快適なパスワード・ライフを送れることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など