F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

SVKをインストールしてみた

ちょっと時間があったので今さらながらSVKを入れてみました。

SVKというのは、

「リモートにあるSubversionのリポジトリのミラー(コピーみたいなもの)をローカルに構築できるもので、そのローカルのリポジトリからチェックアウトして作業をすればローカルのリポジトリに変更をコミットしておくことができて、作業が完了したらまとめてリモートのリポジトリに変更分をコミットできるもの」

と理解しています。

最初はCentOSにインストールしようとして、CPANでモジュールの依存解決をがんばっていたのですが、 SVN::Core のインストールで行き詰りました。SVN::Core はSubversionをソースからインストールすると自動的にインストールされるようなのですが、

$ wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.6.tar.gz
$ tar -xvzf subversion-1.4.6.tar.gz
$ cd subversion-1.4.6
$ ./configure

としたところで、

configure: WARNING: APR not found

と出てしまい、よくわかんねーとなったので、結局Windows版をインストールしました。参考にしたのはGoogleで「SVK」で検索したらトップに出てくる「Greenbear Laboratory – SVKを使ってみよう」です。

リポジトリに格納されているファイルが多いと svk sync のところでかなり時間がかかり、コマンドプロンプトも出力が止まってしまうので動いているのか分からなくなりますが、「%HOME%\.svk\local\db\」の下にあるディレクトリのどれかにファイルが増えていっているので、動いていることは確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など