F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

iPod touchをMacBook Airとインターネット共有してiPhone体験

MacBook AirとイーモバイルとiPod touchがあれば街中でiPod touchを使えます。まぁ、あまりオススメしませんが。

街中でiPhoneをいじる感覚はどういうものか疑似体験するために、MacBook Airのインターネット共有機能を使ってiPod touchをネットに接続し、家から会社まで通勤してみました。

インターネット共有のやり方

Macによるインターネット共有やり方は、「Macによるインターネット共有の方法 (Kanasansoft Web Lab.)」を参考にやってみました。「システム環境設定」の「共有」のメニューから設定ができます。詳しくはそちらのページをご覧ください。

ディスプレイを閉じてもスリープしないようにする

MacBook Airはディスプレイを閉じるとスリープ状態になるため、イーモバイルの接続が同時に切れてしまいます。それを防ぐために InsomniaX というアプリケーションを利用しました。このソフトを有効にするとMacのスリープが無効になります。

出かけましょう

準備ができたらイーモバイルを接続状態にし、iPod touchをAirのAirMacに接続します。うまくiPod touchでインターネットに接続できたらMacBook Airをカバンに入れて出かけましょう。

使ってみた

さて、ここからは感想です。

歩きながらiPod touchで文字を打つのはかなりめんどくさいです。ケータイと違ってキーを見ずに文字を打つことは不可能です。

iPhoneやiPod touchのユーザーインタフェースは「直接操作」を採用しているため、すべてタッチする必要があります。ケータイのユーザインタフェースはボタンやキーを「押す」という「間接操作」のため、新鮮な驚きはないものの、画面を見なくても操作できるというメリットがあります。

次に、ディスプレイの大きさが意外と気になります。ディスプレイが大きく鮮明で、しかも文字サイズが平均的に大きめであるため、ケータイよりも確実に覗き見されやすい気がします。iPhone対応サイトは特に文字サイズを変更できないことが多いため、余計に気になってしまいます。

また、いざという時に素早くメールを打つのが困難です。すぐにメールで連絡をとらないといけないというときに、iPhoneやiPod touchでメールを打っていては間に合いません。こういう場合はケータイが素早く操作できて便利です。

まぁ、言わずもがなのことですね。

それでも街中でiPod touchをネット接続できるとワクワクします。ケータイよりもリッチなアプリケーションを使えるので、それだけで楽しいです。このワクワク感は使った人にしかわからないでしょう。

ケータイは持っておくべき

さて、iPhoneを買うために今持っているケータイをどうしようか悩む人も多いと思いますが、今までのケータイは持っておくべきだと思います。いざという時に使いやすいのはケータイです。

月々の料金が気になる場合はiPhoneをメインにしてもう一つのケータイはサブにする(つまり、安い料金プランに変更する)というのがベストではないかと思います。メールはGmailをメインにして、重要なメールはケータイに転送をかけるのがいいのではと思います。

で、実験の結論は?

イーモバイル + MacBook Air + iPod touchの実験のほうの結論ですが、夏場はAirがとても熱くなるので、やめておいたほうがいいです。素直にiPhone買ってください。

ちなみにネットは問題なく使えた(地下以外)ので、冬場ならいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など