F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Twitterの今に追いつける「ツイッター 140文字が世界を変える」

だからこそ、今読んでおいたほうがいいと感じました。

ツイッター 140文字が世界を変える

ネタフル@kogure さんと、みたいもん!@masakiishitani さんの共著による話題のツイッター本「ツイッター 140文字が世界を変える」を買って読みました。

この本の第一章では「日本におけるツイッターの歴史」が紹介されているのですが、驚くことはその歴史の多くが今年 Twitter で起こったことだということです。しかも数ヶ月前という出来事がほとんど。

ビジネスや著名人の利用が目立ち始める (2009年5月)

IT系著名人が続々参加 (2009年6月)

ビジネスでの利用が活発化 (2009年6月)

2009年7月 – エポックメーキングな1ヵ月 (フジヤカメラとツイッター / ツイッター小説の出現 / 勝間和代がツイッターを始める / 冬の女王・広瀬香美、夏にツイッターを始める)

Twitter が盛り上がりを見せてきたのが最近のことなので当然なのですが、それらがすでに一冊の本にまとまっているというのはすごいです。

それだけに、これまで Twitter の情報をスルーしてしまっていた方にとっては、この一冊で Twitter の今に追いつけるのではないかと感じました。

第二章、第三章ではツイッターの使い方を説明してくれています。初心者にも嬉しい構成です。そして第四章では、すでにツイッターを活用している企業アカウントの担当者のインタビューが掲載されいます。

そのインタビューでの質問項目は以下の通り。

  • ツイッターをはじめようと思ったきっかけは?
  • ツイッターのメリット/デメリットは?
  • ツイッターを始めたことで、ビジネス面での変化はあった?また変化があったとすればいつごろから?
  • ツイッターを始めたことで、お客との関係は変わった?
  • 今後もツイッターを使っていくか?何かしかけてみたいことなどあるか?

これからツイッターを始めたいと思っている企業にとって参考になると思います。

本の中にも繰り返し書かれていますが、ツイッターに決められた使い方はありません。この本に書かれていない使い方をしている人もいると思います。こうしている間にも、ツイッターの上では新しい何かが生まれているかもしれません。

それだけに、この本は今読んでおいたほうがいいと感じました。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) (新書)

※ Amazon の表紙画像はやや黄色みがかっていますが、実際は白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など