F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Googleの短縮URL「goo.gl」がAPIの提供を開始

待ち望んでいた人も多いかもしれませんが、Googleが提供している短縮URL「goo.gl」がようやくAPIの提供を開始したようです。

» Google Code Blog: Google URL Shortener gets an API

利用するには APIs Console からAPIキーの取得が必要。APIs Consoleの「URL Shortener API」の欄にある「Activate」ボタンをクリックして取得してください。

OAuthもサポートしているようですが、ドキュメントではAPIキーの利用が推奨されています。

(追記) 上記についてコメントでご指摘を頂きましたので、コメント欄をごらんください。

APIで用意されている機能は、

  • URLの短縮
  • 短縮されたURLの展開
  • 短縮されたURLの統計を取得
  • ユーザーが短縮したURLの一覧の取得

といったものがあるようです。

APIs Consoleを見ると、1日あたりのクエリの上限は100万クエリ。まぁ通常利用だとほぼ制限なしです。(APIキーなしでも利用できるみたいですが、APIキーがない場合はクエリの上限がかなり少なくなる模様。)

Googleの短縮URLは末尾に「.qr」をつけるとQRコード表示ができたりもするので、なかなか便利に使えそうな気がします。

今後 bit.ly からの乗り換えがどのくらいあるかが気になるところです。

» Google URL Shortener API – Google Code

  1. xtrail より:

    ちょっと気になったのでコメントします。
    「OAuthもサポートしているようですが、ドキュメントではAPIキーの利用が推奨されています。」
    とはどこに書かれていますか?
    何回もドキュメントを見ましたがそのような記述は見あたりません。

    書かれているのは要約すると、

    「開発ためにAPIキーなしでも動作するがAPIキーを使うと「高い使用率の制限(直訳)」になります。トラフィックレポートが利用できます。」
    「オプションとしてGoogleユーザーとしての認証はOAuth (推奨) かClientLoginを利用出来ます。ユーザーの履歴(短縮URL一覧)を見るには必要です。」
    ですが・・・。

  2. F.Ko-Ji より:

    > xtrailさん

    コメントありがとうございます。

    http://code.google.com/intl/ja/apis/urlshortener/v1/getting_started.html

    ご指摘の通り、そのように書かれておりました。

    * Shorten a long URL

    > Note: An API key is highly recommended.
    >
    > An auth token is optional for shorten requests. If you provide one, the short URL will be unique, and it will show up in the authenticated user’s dashboard at goo.gl.

    この部分を勘違いしておりました。

    確かに、

    * Shorten a long URL
    * Expand a short URL
    * Look up a short URL’s analytics

    の3つではauth tokenは必要でなく、

    * Look up a user’s history

    については auth_token が必要とのことでした。

    お詫びして訂正いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など