F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

今更ながらLINEシアタータウンにハマってる

QT/mode というブログを書いてるマナミちゃんがよく「LINE シアタータウン」の記事を書いてるのを見て、試しにやってみようかなと思って始めてみたところいつの間にかハマってしまってまして。

line-shiatataun-01.jpg

どういうゲームかというと「カフェを1軒建てよう」みたいなミッションをこなしながら自分の街をにぎやかにしていくゲームです。ミッションをクリアするには、過去のミッションで建てたお店から指定されたアイテムを集めたり、住居から家賃(ポルカ)を徴収したりする必要があります。

アイテムを1個集めるのにAP(アクションポイント)を消費し、時間がたてば回復するというスマホゲームでは定番のシステムですが、APはアイテムを住人にプレゼントすることでも回復します。

特に難しい操作も反射神経も必要なく、アイテムも家賃もタップするだけで集められます。冒頭のキャプチャ画像でいうところの「400」という数字がある吹き出しをタップするだけ。お店からゲットできるアイテム数には上限がありますが時間がたてば回復しますし、家賃も同じく時間制です。時間をかければ無料で遊べるし、課金してダイヤを購入すれば時間短縮になります。

「で、一体どこが面白いの?」と思われるかもしれません。実際、自分もなぜハマっているのかはっきり分かりません。時間をかけて集めたアイテムとポルカを一気に消費してミッションを達成するところに爽快感を感じるのでしょうか。

line-shiatataun-02.jpg

↑ 4月は30日連続ログインを達成しましたし。

たまに期間限定のイベントをやっていて、結構やり込んでないとコンプリートすることが難しいミッションが課されるのも面白いところかもしれません。

line-shiatataun-03.jpg

↑ 現在開催中の「サツキの節句」というイベントの進行表。

イベントのミッションをクリアするとアバター用の着替えがもらえて、それを身につけるとAPの上限がグンと上がったりします。着替えはポルカや課金でも入手できるけど、課金はしてないのでイベントが重要になってくるんです。

これまで LINE のゲームは、LINE POP、LINE バブル、LINE ポコパン、ツムツムなどにハマってきましたが、これからしばらくはシアタータウンです。

週刊 ダイヤモンド 2014年 4/19号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2014年 4/19号 [雑誌]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など