F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

インディーズ系音楽サイトの「muzie」が楽曲消失

今日、muzieから一通のメールが届いた。

【謝罪】楽曲の消失について

muzieとは、趣味で音楽をしている人から、本格的に音楽で食べていこうと頑張っている人まで、様々な人が無料で楽曲を登録できるインディーズ系音楽サイト。その曲を聴いた人が投票したり、実際にそこからCDが生まれたりという、日本最大級の音楽コミュニティサイトである。楽曲登録数は9万曲を超えている。

そのmuzieが、AT-LINK専用サーバ・サービススタッフのオペミスにより、2003年3月~2004年2月までに登録された楽曲ファイルがすべて消去されたらしいのだ。ありえない。ここまで大規模なサイトになって、いまだにレンタルサーバを使っていたというのにも驚いた。

謝罪文はここ

一体、9万曲のうち何曲消えたのだろう?

大半のユーザは曲ファイルを自分のPCかどこかに保存していると思うが、ユーザによっては、muzieにファイルをあずけているからと安心して、PCから曲ファイルを消していた人もいるかもしれない。

ウェブサービスにとってデータの消失は絶対にあってはならないこと。そのデータがメールであってもブログであっても音楽であっても商取引データであっても、あってはならないことだ。

ちなみに、私の曲データも6曲ほど消失してしまったらしい。PCにちゃんと保存してたかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など