F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Google AJAX Search APIとGoogle Maps APIを組み合わせる

GoogleからGoogle AJAX Search APIというAPIがリリースされています。Ajaxの技術を使ったGoogle検索フォームを誰でも自分のサイトに設置できるというものです。このAPIのサンプルコードの中に、こりゃ便利だと思われるものがありました。

My Favorite Places
http://www.google.com/uds/samples/places.html

このサンプルでは、Googleローカル検索のAJAX Searchの結果に含まれる「緯度と経度の情報」を利用して、Google Mapsにマッピングするという技術が使われています。つまり、これはジオコーディングそのものです。これを使えば住所検索もできるって代物です。これで他のジオコーディングサービスを使う必要もなくなります。

ということで、草野球グランドマップにシンプルなローカル検索フォームを設置してみました。これでかなり簡単に便利な地図サービスが作れそうですね。

ちゃんと書きました⇒ Google Maps APIで日本の住所から緯度・経度を求める方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など