F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

日本のGoogleももっとフランクになればいいのにな

前から思っていたけどGoogle Japan Blogの記事が堅苦しい気がする。本家Googleと比べて。

米国のGoogleには「ヘイ、ボーイ!Googleのサービスでエンジョイしてるかい?」みたいなフランクなイメージがあるので、この記事にあるような「今後も、より皆様のお役に立てますよう、様々な変更を行っていきたいと考えています。引き続きのご愛顧のほど、お願い申し上げます。」と堅苦しく書かれると、なんだかGoogleじゃないような気がするのだ。

たまにGoogle Japan Blogにもフランクな記事があるなぁと思ったら、ほとんどそれは米Googleの記事の翻訳だったりする。日本の企業文化が堅苦しいから、そういった企業とうまく付き合うためには表向きは堅苦しくないといけないのかな。だとしても、もっと「Are you enjoying the party?」っぽい面も見てみたい。

日本のGoogleももっとフランクになればいいのにな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など