F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

RSSの起爆剤はIE7よりmixi

IE7がRSSリーダー機能を搭載したことで、フィードを配信するサイトはますます増えてくるだろう。だからと言って、IE7のRSSリーダー機能が多くの人に使われるという理由にはならない。

それよりもmixiだ。mixiがRSSリーダーをmixiの中で提供すれば、確実にRSSリーダーを使う人が増える。mixiの日記やコミュニティの書き込みを、RSSリーダーのように一元的に閲覧できるインタフェースがあれば便利だ。

暇なときは一日中mixiをチェックしているという人も少なくないはずだから、そこに色々なブログの更新情報(フィード)も取り込めますよということになると、確実にRSSへの認知度が高まり起爆剤になる。

mixiの中の情報をRSSにして外部に出すことはふさわしくない。サーバー型のRSSリーダーに取り込まれると全員に共有されてしまうためだ。クローズドなサービスである限り、mixiの中にRSSリーダーを作る必要がある。

ケータイ世代はどのくらいケータイでブログを購読しているだろうか。RSSリーダーはストレスなくサクサク読めることが重要で、そう考えると携帯の通信速度はRSSリーダーにふさわしくない。しかし、ケータイ世代がケータイでブログを読んでいるのなら、mixiモバイルにそういう機能があってもいいと思う。

mixiにとってのメリットは、外部のRSSリーダーへ流れているトラフィックを取り込めるということと、広告枠が増えるということ、ユーザのmixi滞在時間をより長くすることができるということだろう。

まあこういう話は他のアプリケーションにもあてはまる話だ。ウェブメールとかソーシャル・ブックマークとか。競合企業にとっては嬉しくない。だが、RSSリーダーの搭載はRSSの普及につながるので、一部のRSS屋にとっては嬉しい話なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など