F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Google Analyticsのトラッキングコードがリニューアル

(追記 2008-01-07)Googleアナリティクス ga.jsの新しいトラッキングコードへの移行は少し待ったほうが良い!?|WEBマーケティングブログ」という記事でも書かれているように、検索キーワードが正しく日本語にならないバグがあるみたいです。

Analytics 日本版 公式ブログ: [グラフの複数データ表示機能] と [新しいトラッキングコード用の JavaScript ] をリリースしました」でアナウンスされているように、Google Analyticsのトラッキングコードがリニューアルされたようです。

記事によると、これまでの urchin.js を使ったトラッキングコードはそのまま動き続けるようですが、今後Google Analyticsに追加される新機能は、新しい ga.js を使ったトラッキングコードにしか反映されないそうです。

古いトラッキングコードから新しいトラッキングコードへの移行は、ga.js 移行ガイド (英語・PDF)にて詳しく説明されています。英語ですが、コードの置換なので難しくありません。

最もオーソドックスなコードであれば、新しいコードはAnalyticsの管理画面から取得できます。

urchinTracker()にページのパスを指定している場合や、aタグのonclick属性にurchinTracker()を使っている場合の移行方法などは、上記のPDFファイルに説明があります。

Analyticsにどんな新機能が提供予定なのかは分かりませんが、新しくしておくとそれらに対応できるということなので、トラッキングコードは順次新しいものに移行しておくのがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など