F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

MacのSubversionであらためてバージョン管理をはじめた

今更ですが、これまで作ってきたサービスのソースコードやファイル群のすべてを、Subversion管理することにしました。

Windowsのノートを使っていたときもローカルにSubversionを入れていましたが、きちんとコミットしておらず、それぞれのファイルの変更がいつの変更なのか分からなくなり、もういいや、という感じになってました。

マシンがMacBook Airになり、Subversionをターミナルから使えるようになったし、バージョン管理の必要に迫られた、という理由でSubversionの導入です。

LeopardにはSubversionが最初からインストールされているので(多分)、ローカルから使うならすぐに使い始められます。

以下はMacでの利用例です。

# リポジトリ作成
$ svnadmin create ~/repos/fkoji.com

# インポートしたいファイルのあるディレクトリへ
$ cd ~/Documents/fkoji.com

# インポート
$ svn import -m "import all files" . file:///Users/fkoji/repos/fkoji.com/trunk

# 作業ディレクトリへ
$ cd ~/work/fkoji.com

# チェックアウト
$ svn co file:///Users/fkoji/repos/fkoji.com/trunk .

リポジトリの指定は file:/// で絶対パスで指定するので、ユーザのホームにリポジトリを作成した場合には file:///Users/username/repository/path のように指定する必要があります。

会社でみんなSubversionをシェルから使っているので、私もMacではシェルから使うようにしてみました。

あとはサーバ上にあるブログのデータを定期的にバックアップしておいたほうがいいよなぁと最近思ってるのですが、何か良い方法あるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など