F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

GoogleがPage SpeedをApacheモジュール化したmod_pagespeedを公開

Official Google Webmaster Central Blog: Make your websites run faster, automatically — try mod_pagespeed for Apache」によると、Googleが mod_pagespeed という Apache モジュールを公開したとのこと。

これは Google が以前よりFirefox/Firebox用のアドオンとして提供していた「Page Speed」をApacheモジュール化したものです。

Page Speedはウェブサイトのパフォーマンスを評価して高速化するためのヒントを与えてくれるツールで、主にキャッシュ周りやCSS、JavaScript、画像ファイルなどに関する改善ポイントを示してくれます。

今回公開された mod_pagespeed は、そういったPage Speedが提案する改善作業を Apache が自動的にやってくれるという代物です。

用意されているフィルタは「mod_pagepeed Filters」にある通り。

まだ詳しく読んでいませんが、例えばHTMLソースに直接記述されたCSSやJavaScriptを自動的に外部ファイル化したり、複数のCSSファイルをひとつにまとめたり、インデント用の空白を自動的に除去したり、HTML内のコメントを自動的に除去したりしてくれるようです。

つまりHTMLソースはモジュールによって自動的に書き換えられて、ブラウザへ届けられることになります。使用例は「mod_pagespeed Examples Directory」で見ることができます。(before と after で体感できる違いはわずか・・・ですが。)

Google AdSense Blogでの検証動画もありました。
» YouTube – mod_pagespeed improvement for Google AdSense Blog

mod_pagespeed は現在のところ Apache2.2 のみサポートしており、i386 および x86-64bit の CentOS と Ubuntu でテストされたバイナリが入手できるとのことです。CentOSの場合 rpm でインストールできます。

mod_pagespeedのプロジェクトページはこちらから。
» modpagespeed – Project Hosting on Google Code

(via: Google’s Obsession With Speed Comes to the Web Server)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など