F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Googleはページタイトル中の記事タイトルとそれ以外を区別して認識してるっぽい

このブログでは各記事のタイトルを『Googleの短縮URL「goo.gl」がAPIの提供を開始 – F.Ko-Jiの「一秒後は未来」』のように、

記事タイトル ハイフン(-) ブログ名

という構成にしています。

このような構成のページタイトルを見て、どちらが記事タイトルでどちらがブログ名かはおおむね分かると思いますが、Googleもこの構成をきちんと認識しているっぽいと分かる例があったので紹介しておきます。

google-title-cognition-sample.gif

これです。 → http://blog.fkoji.com/entry2010.txt – Google 検索

これは http://blog.fkoji.com/entry2010.txt のURLを検索した結果なのですが、このページはただのテキストファイルで、タイトルなどありません。

にも関わらず、「今年このブログで最もツイートされたエントリーは?」の中でリンクに使ったアンカーテキストを自動的にタイトルに設定しているだけでなく、普段の記事タイトルの構成通り『 – F.Ko-Jiの「一秒後は未来」』というブログ名までつけてくれているのです。

これはつまり、Googleが「同一サイト内のページでタイトルに共通して使われている部分はサイト名っぽいものとして認識している」ということになります。

タイトルの中から共通部分を探すというのは簡単なのでそこまで驚くことでもないですが、それにしてもよく気が効いてるなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など