ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > RSS > Chrome拡張習作: Feedlyで広告アイテムを自動的に既読にする「Mark Ads as Read for Feedly」
RSS
2013年07月13日 13:12

Chrome拡張習作: Feedlyで広告アイテムを自動的に既読にする「Mark Ads as Read for Feedly」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

「Mark Ads as Read for Feedly」という Chrome 拡張機能を作ってみました。以前 Google Reader 用に作っていた「Google Reader Auto Read Ads」というスクリプトの Feedly 版です。

mark-ads-as-read-for-feedly-03.jpg

» Chrome ウェブストア - Mark Ads as Read for Feedly

この拡張機能を使えば、フィードの中の「PR:」や「Ad:」といった広告アイテムが Feedly 上に読み込まれた時点で自動的に既読になってくれます。ざーっとスクロールするだけでOKです。

Google Reader版では対象文字列が固定でしたが、今回はオプションでカスタマイズできるようにしました。

mark-ads-as-read-for-feedly-01.jpg

↑ 拡張機能のページから「オプション」を選択。

mark-ads-as-read-for-feedly-02.jpg

↑ こんな感じで「PR:」「AD:」「[PR]」という3つのプレフィックスが初期設定されてます。

ここで指定した文字列でタイトルが始まる記事が自動的に既読になります。もし他にも自動的に既読にしたいものがあれば、ここから追加してみてください。

なお、この拡張機能はクリックイベントを自動的に発生させているため、Feedly上で既読記事も表示する設定にしていると「広告を発見してクリックが発生してスクロール」→「過去のアイテムを読み込む」→「また広告を発見してクリックが発生してスクロール」→「過去のアイテムを読み込む」 ... というループを繰り返す可能性があります。なので、なるべく未読記事だけ表示する設定で使うようにしてください。

それから手前味噌ですが、Chrome拡張機能の作り方は「Google Chrome拡張機能入門 (全20回) - プログラミングならドットインストール」で勉強できます。大体の作り方はレッスンを作った時に見てたので分かっていましたが、オプションページの作り方とか忘れていたので、ざっと動画で復習しつつ作りました。

ソースコードが気になる方はこちらからどうぞ。
» https://github.com/fkoji/mark-ads-as-read-for-feedly