F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Kindle本がファイルサイズによらず99円から販売可能になった

1週間ちょっと前に届いていたメールを見逃してたのですが、日本向け Amazon.co.jp で販売する Kindle 本の希望小売価格要件が変更されたようです。

これまで販売価格を 99 円に設定するためには、35% のロイヤリティを選択しておき、さらに書籍のファイルサイズを 3MB 以下にしなければならないという制限があったのですが、2015年1月16日からは 35% のロイヤリティを選択していれば、ファイルサイズによらず 99 円の最小価格で販売できるようになっています。

これにより、漫画や写真集などファイルサイズが大きくなりがちな電子書籍であっても 最小希望小売価格 99 円〜の価格で販売できるようになります。(※ 但し日本の Amazon に限る)

設定方法は以下の通りです。KDPの管理画面から販売価格の変更ページを開き、

kdp-35per-99yen-01.jpg

↑ 35%のロイヤリティを選択。Amazon.com の価格はいくらでも構いません。

kdp-35per-99yen-02.jpg

↑ 「US価格に基づいて自動的に価格を設定」にチェックされていればチェックを外します。

kdp-35per-99yen-03.jpg

↑ これで 99 円から20,000円の範囲で価格を設定できます。

というわけで、これまで 10MB 以上のファイルサイズゆえに 300 円以上の販売を余儀なくされていた「マフモコスナップ」を 180 円に値下げしました。

なお、ロイヤリティ70%を選択している場合は従来通り、ファイルサイズによらず 250 円が最低価格です。詳しくは「希望小売価格の要件 – Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ」を参照のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など