ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > 思うこと > 「〜は明日です!」といった告知を翌日目にして勘違いする問題
思うこと
2016年05月04日 21:19

「〜は明日です!」といった告知を翌日目にして勘違いする問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

Peatix から「間もなくイベントです」と書かれたリマインドメールが来て、「あれ、まさか今日だったっけ?」と一瞬焦ったけど確認したら明日だった。

リマインドメールは自動なのか手動なのか知らないけど、いつ送信されてもいいように「間もなく」という表現になっているのだろか。まぁ「明日」と書かれてて万が一当日にそのメールを見て「あ、明日か。」という勘違いが起こるよりはマシだろうな。

ところで、よく Twitter や Facebook などでも「〜は明日です!」といった告知的な文章を翌日に見ることがあって、「あれ?明日なの?今日じゃないの?」と混乱しそうになることがある。

例えば前日の22時に告知投稿がされていて、その投稿が翌日の午前10時にリツイートでタイムラインに表示されたとしたら、脳内では「この投稿は今から12時間前のものだから、『明日』というのは今日のことだな。」という変換を実施する必要が出てきます。

Twitter や Facebook の投稿はその日にだけ読まれるわけではないし、Facebookのハイライトフィードは時間順ですらない。ついでに投稿日時は「18時間前」といった相対表記になっている。なので特に「◯日前」と表記されないうちに目にしてしまうと判断が難しくなる。

何かの締め切りとか放送日とか開催日とか、そういったものに日付のタグ付けができたらよさそうだが、そういった機能は今のところ無いのでなるべく正確な日付を併記して投稿するのがいいのではないかと思う次第です。