F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

だってYahoo!で事足りるでしょ

Yahoo!がGoogleより人気の日本、なぜと頭をひねる

頭をひねるまでのことでもないだろう。だってゲームができてニュースが読めて、地図検索も路線検索も十分に使いやすくて、ウェブメールとかブリーフケースとかメッセンジャーとかが使えて、映画情報や病院の検索もできるしオークションもできる。そこにある程度の検索精度が保証されたテキストボックスとボタンがあれば、大半の人がそこにキーワードを入力してボタンを押すのは明らかだ。

なんちゃって。

普段から検索はGoogleを使っていますが、日本の大半の人がYahoo!を使うのに不思議は感じません。Yahoo!をブラウザのホームに設定している割合ってどれくらいでしたっけ?検索をしたいと思ったときにユーザがどういう行動をとるかというと、

・ブラウザのツールバーに検索窓があればそこにキーワードを打ち込む
・ホームがYahooとかgooとかGoogleなので、「ホーム」を押すかブラウザを立ち上げて検索する
・検索エンジンのURLを打ち込んでページを開いて検索する

といった具合でしょう。日本では二番目に挙げた、「ホームで検索する」という人が多いのではないかと思います。だとすると、Yahoo!のシェアが高くなるのは当然のことです。

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など