F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

スマートフォン時代における迷惑メールの厄介なところ

ガラケーからスマートフォンに移行しても迷惑メールは届きます。

iPhoneであってもAndroidであっても、スマートフォンのユーザーインタフェースはタッチパネルが主流です。

先日、身元不明のメールがスマートフォンに届き、開いてみると例のごとく迷惑メールでした。そして、そのメールの本文をちょっとスクロールしようとしたところ・・・

うっかりURLをタップしてしまった!!!

タッチパネルでない普通のケータイだったら、決定ボタンを押さない限りメール本文に記載されたURLを開くことはないし、万が一間違って決定ボタンを押してしまっても「サイト接続しますか?」みたいなダイアログが開いてくれるので、ちょっと安全なのです。

しかしスマートフォンの場合、というかdocomoのspモードメールアプリの場合、URLをタップすると有無をいわさずブラウザが起動してしまいます。(他のキャリアはどうなんですかね。)

そうなるとよほど光速で中止ボタンを押さない限り相手のサーバーにはアクセスログが残ったりします。やな感じです。

というわけで、spモードメールアプリはURLをタップした時にダイアログを出して、迷惑メールの誤爆URLクリックを防いだほうがいいんじゃないかと思うのです。

(ちなみにこの誤操作を逆手に取ると、迷惑メール業者は無駄にURLを長くしてタップされやすくしたりしてくるかもしれません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など