F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

Twitter API: 2019年8月16日以降 Read and Write 権限のみではDMの送信ができない

Twitter API の仕様変更があり、2019年8月16日以降「Read and Write」権限のみではダイレクトメッセージの送信が実施できなくなりました。今後はダイレクトメッセージの送信にも「Read, Write, and Direct Messages」の権限が必要になります。

» Updates to app permissions: Direct Message write permission change – Announcements – Twitter Developers

After August 16th, third-party applications applications attempting to create Direct Messages with only the RW app permission will receive the following error:

{“code”: 93,”message”: “This application is not allowed to access or delete your direct messages.”}

従来は、ダイレクトメッセージの送信のみであれば「Read and Write」の権限で実施できました。私が運営している Meity にも DM の送信機能があるためそのような設定にしていましたが、送信できなくなってしまったので「Read, Write, and Direct Messages」の権限に変更しています。

なお、アプリケーションの権限を「Read and Write」から「Read, Write, and Direct Messages」へ変更した後、実際にアカウントからDMを送信するには再度ユーザーに連携アプリケーションを許可してもらう必要があります。

また、ダイレクトメッセージについてそれを送信するだけの機能を有するアプリケーションであっても、アプリケーションの連携画面には「このアカウントでダイレクトメッセージを送信、確認、管理、削除する。」という説明が表示されるようになります。

少し古い記事ですが Twitter のアプリケーション連携画面については以前このブログに書いた「Twitter連携アプリの権限とやむを得ない事情について理解しておこう」に解説していますので、気になる方は読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など