ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > 検索王の見る検索 > 「検索テクニックの最前線 2005」をちょっと前に聴いてきた
検索王の見る検索
2005年11月30日 08:24

「検索テクニックの最前線 2005」をちょっと前に聴いてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

11月19日にデジタルハリウッド大学の学園祭で、「検索テクニックの最前線 2005」という講演イベントがあるというので行ってみました。

講演をしてくれたのは、通称『検索の鉄人』と呼ばれているらしいYahoo! JAPANサーファー部の関裕司氏。(どうやらgooが検索サイトを始めた頃に『検索の鉄人コンテスト』なるものが開催され、それで優勝したのが関氏だったとのこと。この事実が今回の一番の「へぇ~」だったのであるが。)

講演内容はどこかのブログでまとめられているかもしれないので、私が「へぇ~」と思ったことを中心に書きます。

まず、検索キーワードの第1位として君臨していた「2ちゃんねる」が、あるキーワードに1位の座を最近奪われたとのこと。そのキーワードとはmixiである。ただ、これを検索しても中身は見れないし、招待されないと入れないよねぇ?

それから、Yahoo!もロボット型の検索エンジンに移行したという事で、googleのような「site:」「link:」「intitle:」「inurl:」という接頭辞が使えるようになったそうだ。例えば「inurl:pref ゴミ」と検索すると、都道府県庁のページの中でゴミに関するページが上位に表示される。

さらに、Yahoo!の検索が新しくなってから「関連キーワード」を推薦してくれるようになったことについて。この関連キーワードは、前日の検索のクエリログを利用して、頻度の高かった組み合わせを表示しているらしいのだ。さらに、アダルト系のキーワードは地道に省いているらしい。

ヤフーの腕時計最後に関氏がちょっと気になることを。Yahoo!の特徴であったカテゴリ検索。このカテゴリ専門のトップページが近々立ち上がるらしい。しかも、かなり使いやすいページとして作られているらしいのだ。詳細は語らなかったが、「使いやすい」といえば「Ajax」かなぁと個人的に感じた。

さて、今回のイベントでもらった記念品はYahoo! JAPAN特製の腕時計だった。これをもらうのは2個目。でもデザインが違っててよかった。今回もらったのは文字盤が白いほう。ちなみに1個目はアカデメディアの検索会議でもらったものです。もう1個もらう機会があったら、オークションにでも出品しようかな(笑)。最後に関氏と名刺交換をしていただいた。ちなみにこれ、検索の鉄人と検索王の初対面であった。